ロバート・ギブソン氏プロフィール

gibson

脳神経科医/自然療法医師
メディカル・アドバイザー


ロバート・ギブソン医師は、臨床神経科学と栄養生理学の権威である。8000時間以上にわたる医療のトレーニングを経て、博士号を取得。オランダのUtrecht大学(オランダで最も古く、ヨーロッパでも非常に大きな大学)、日本の帝京大学、米国アイオワ州のパーマー大学(PCC)にて、医師(MD)、自然療法医師(ND)、カイロプラクターのドクター(DC)のラインセンスを取得。専門は、神経科学と栄養学、カイロプラクティック。長年にわたる勉学と研究により、神経科学と栄養学についての豊富な知識と基礎に基づく、数々の臨床プロトコールを開発した実績を持つ。

オリンピック選手やプロ・スポーツ選手を患者として持ち、スポーツと栄養学についてのプロトコールを世界的に開発したドクターとしても著名。ギブソン氏のプロトコールがスポーツ選手にいかに有効であるかは、テキサス州サンアントニオ市の全米バスケットボールプロチーム「スパーズ」の選手たちを患者として持ち、彼らを成功に導いていることからも実証されている。

ギブソン氏は、数年間の医療現場での治療体験を通して、西洋医学での危険を伴う可能性がある処方箋や手術による治療よりも、代替医療でのサプリメントやカイロプラクティックによる治療の方が、患者によりよい結果をもたし、その効果が長期的に継続することを見出した。

その後、氏は、患者が脳をフルに活性化できる方法を追求することに情熱を燃やし、カイロプラクティック、栄養学、自然治癒、伝統的な東洋医学などを学び、それら全てを治療に取り入れている。

また氏の統合医療における、神経科学と栄養生理学との組み合わせは、ナチュラルセラピーと近代科学を見事に融合させることを可能にしている。科学的な研究、そして、医療での継続的なリサーチを行い、患者に最も革新的なテクノロジーと最高の治療の選択肢を提供している。

数年間、日本で医療を学び、慈善活動を行った経験から、新たに日本で、氏の独特なメソッドを取り入れた、認定の「脳活性化クリニック」(仮名)開設のために活動を開始。

「私は、医師であることを“仕事だけ”として捉えていません。今まで患者の治療にあたり、たくさんの奇跡を目の当たりにしてきました。ですから、人々を助けるということが私の生き方そのものであると思っています。私は、毎年アメリカ国内と海外の慈善団体、そして、個々人のために、医師として奉仕活動も行っています」とギブソン氏。

氏にとって最も喜ばしいことは、患者が脳のパワーをフルに活用できるようになり、その結果、痛みから解放され、あらゆる面において人生を豊かに、前向きに生きることができるようになることである。

 

脳機能強化のヒントについて